日本ストレッチ・コンディショニング協会

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナー | ストレッチ資格

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナー | ストレッチ資格

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

 

・アラベスク ・アラセゴン ・ターンアウト ・ドゥバン ・プリエ  
・甲出し ・膝入れ の柔軟性を高めるストレッチ

 

・腰痛改善ストレッチ  ・膝痛改善ストレッチ
・足首痛改善ストレッチ←ここまでは施術テクニック

 

・ご自宅用ストレッチ方法
(生徒様や患者様にお教えする1人で行うストレッチ)
・バレエのパに合わせたトレーニング方法

 

 

◆講習時間12時間   ◆受講費用50万円
◇講習日時は受講者様と講師のスケジュールを見て調整させて頂きます。

 

 

◆受講資格◆
・ バレエ経験5年以上 ・女性限定 
・素直にバレエが好きで日本のバレエのレベルアップに貢献されたい方
※ハイスペックストレッチトレーナーの資格を取得された方も

 

・バレエ講師の方や、バレエに携わるお仕事をされたい方、バレエストレッチのスキルアップ、
・娘さんや息子さんへのバレエのパフォーマンスアップなどなど。
・新体操のパフォーマンスアップにも活用できます。

 

バレエ整体,大阪,ストレッチ,新体操

 

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーとは、バレエの柔軟性向上に特化したオリジナルのストレッチ技術を習得したトレーナーです。

 

バレエにはありとあらゆるパ(バレエ動作)があります。

 

その全てが簡単には出来ない動作が多く、身体の柔軟性が無ければ習得しにくいものばかりです。

 

身体の柔軟性を高めるにはストレッチが何よりも不可欠です。

 

しかし、バレエのレッスンではバーレッスンやセンターにかける時間が多く、ストレッチにかける時間は少ないです。

 

レッスン後は全身の筋肉を使った後なので、筋肉はガチガチに固まってしまうので、特にレッスン後はストレッチが必要になります。

 

しかし、レッスン後にご自宅で入念なストレッチをしている方は圧倒的に少なく、バレエを習っているのに筋肉をドンドン固めてしまっている方がほとんどです。

 

バランス&コンディショニングでは、バレエの柔軟性向上にご来院される方が最も多く、様々な年代の患者様を診させて頂いておりますが、小学生よりも中学生、中学生よりも高校生、高校生よりも成人の方が断然に筋肉はガチガチです。

 

特に中学生途中あたりから、筋肉が板のように硬くなっている患者様がほとんどです。

 

それは、バレエのレッスンで使った分のストレッチが出来ていない為に、硬くなった筋肉をリセット出来ずに、日に日に筋肉の硬さが積み重なった結果を表します。

 

しかし、ご自宅でストレッチをするにしてもストレッチの方法が分からないとおっしゃる方も多いのが現状です。

 

毎日ストレッチをしている患者様でも実際に施術で筋肉にストレッチを入れると筋肉がガチガチになっている方も多く、筋肉にしっかり効いておらず、バレエに合ったストレッチではない為です。

 

書店で販売しているストレッチの参考書でも、筋肉の表面にしか効きにくいストレッチばかりで、筋肉の奥に効かせるストレッチは余りありません。

 

そういったバレエを習われている方に対する身体のコンディショニング不足というものは、バレエのパフォーマンスアップスピードを完全に下げてしまう要素になっております。

 

日本のバレエのレベルの底上げを図るという意味でも全国的にストレッチの質を上げる事が大変重要になっております。

 

今回、バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーの資格を作るキッカケになったのも、全国各地にバレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーが存在すれば、日本のバレエのレベルの底上げになり、また生徒さんもご自宅ではどの様なストレッチを行えばいいか分かり、より良い状態でバレエに臨む事出来ます。

 

1人でご自宅などで行う筋肉の奥に効かせるストレッチは、バレエで使って硬くした筋肉を元の状態にリセットする意味合いがありますが、バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーのテクニックは、それを超えた様々なバレエの動作の可動域を広げるオリジナルのストレッチを駆使したものとなりますので、バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーが行ったストレッチが直接バレエのレベルアップに繋がる夢のようなテクニックです。

 

簡単に可動域が広がらないアラベスクやアラセゴン・ターンアウトなどの可動域を広げるテクニックになり全国でも重宝されるストレッチトレーナー資格です。

 

勿論繰り返しストレッチを繰り返しテクニックの精度を高める事も大切です。

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナー | 資格化に至るまでの経緯

バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ

 

バレエのパフォーマンスアップに特化したストレッチが完成するまでは簡単なものではありませんでした。

 

ストレッチは身体を柔らかくする効果的な方法ですが、ただでさえ他のスポーツよりも身体が柔らかいバレエダンサーのお身体を柔軟にするには、世に溢れている単純なストレッチでは変化を出す事が出来ません。

 

また、全身にストレッチを入れてもバレエのあらゆる動作に効果を出せる訳でもありません。

 

筋肉というものは、動作によって伸びたり縮んだりします。

 

多少の角度の変化でも筋肉の状態も変化するくらい筋肉は繊細なものです。

 

バレエはありとあらゆるパ(バレエ動作)があります。

 

ありとあらゆるバレエ動作があれば、その動作1つ1つで筋肉の状態は変化するので、その筋肉の状態に合わせてストレッチを入れなければなりません。

 

更に、筋肉の表面にしか効かせられないストレッチが溢れている中、筋肉の奥に効かせられるストレッチを1つ1つに入れていかなくては柔軟性は出せません。

 

説明するとまだまだございますが。。

 

完全オリジナルでバレエの柔軟性向上に特化ストレッチしたストレッチですので、全国でも同じような施術方法は無く、全国各地からバレエのレベルアップにご来院して頂いております。

 

日本の中心である東京からご来院の方や南は九州・北は北海道からご来院の方も口をそろえて「ここのお店のようなストレッチで柔軟性を高める整体が無い、近くにあれば、、、」とおっしゃて頂きます。
バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーの資格化に至った経緯は、皆様のそういったお声を沢山頂いたのも大きな理由の1つです。

 

全国にバレエパフォーマンスアップストレッチトレーナーが存在すれば、バレエのパフォーマンスアップのお悩みもサポートができて、全国的なバレエのレベルアップに繋がるのも資格化の最大の理由です。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ストレッチ,協会,コンディショニング ストレッチ,協会,コンディショニング,日本 ストレッチ協会,ハイスペックストレッチ,ストレッチ,資格 ストレッチ協会,ストレーニング,ストレッチ,資格 バレエパフォーマンスアップストレッチトレーナ,バレエ,資格,ストレッチ